ガルバリウム鋼板の家 良い点 悪い点

ガルバリウム鋼板を使った住宅って、どういうものなんでしょう

ガルバリウムのメリットとは
1. メンテナンスが少なくて済みます
非常に錆びにくい材料です。耐用年数が高いですので
約15年くらいメンテナンスフリーになります。
強化塗装皮膜なら20年以上耐用するものもあります。
2. 価格が比較的安い
鉄板基材ですからパネル状の外壁材の中でも
比較的安いです。
また、軽いので施工費が安く上がります。
3. デザインがシンプルでシャープ
モダンなデザインにも合う折り方や
平板の組み合わせが多数出ていますので
シンプルかつシャープなデザインにできます。

ガルバリウムのデメリットとは
1. 素材が柔らかい
他の外壁と比べると平均0.25mm~と薄く、
傷や凹み等に弱いです。
2. メンテナンスが難しい
元々は工場でメッキ加工をしていますので、
耐用年数が過ぎてメンテナンスが必要な場合
再メッキ加工は難しく張り替えをお勧めします。
3. 付加性能が低い
断熱や音が気になることがあります。
特に屋根に使う場合は、雨音対策が必要です
温度についても、他の外壁材は多少断熱効果が
ありますが、ガルバリウムはほとんどありません
耐震性に関しても、軽いのは良いことですが、
サイディングのように建物を固めることは
できませんから耐震的付加性能はほぼありません。

https://www.amenitylife.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください