「田舎暮らし」カテゴリーアーカイブ

津市安濃町で宅地造成しました2か所の案内チラシです

津市安濃町で宅地造成しました2か所の案内チラシです 

津市安濃町大塚での宅地造成
当初は7か所でしたが、あと残りは、2区画です

津市安濃町田端上野での宅地造成
当初は10か所でしたが、残りは9区画です

株式会社アメニティホーム

 

 

古民家をリノベーション

 

古民家をリノベーション 

先ず、最初に漆喰の壁に溜まったススを掃除して
白の壁を取り戻しましょう

たぶん、天井裏には
2センチから3センチの、ススが溜まっていますので
畳の上を養生して、下に払い落とします

この次は、田の字になっている和室のうち
玄関の方から見て、奥の和室、2間の天井を外し
下から見上げると、真っ黒な棟木や梁が見えるように
したいと思いますね
また、畳から木の板間に変更すると屋根裏との均衡もとれて
イメージアップになるのではと思います

玄関から見て
左手前の和室を南座敷と呼びますが
このままで、天井ありにして
そのもう一つ奥の座敷を、奥座敷と呼びますが
ここも、天井は付けたままにしたいと思います
そうしないと、対流が凄くて、冬が寒すぎるように思いますので

硝子戸が多すぎるので
一部を珪藻土を使った壁にするのも
良いのではないでしょうか

株式会社アメニティホーム

 

超太いケヤキの大黒柱 中古住宅

超太いケヤキの大黒柱 中古住宅 

写真でも、見ていただけますように
梁と比べても分かります
太いケヤキの柱が、2本あります

古民家といえば
漆黒の梁
ケヤキの大黒柱
漆喰の壁
土間

これらの、全てがそろっています

株式会社アメニティホーム

 

久しぶりに古民家の仲介です。棟木まで真っ黒です

久しぶりに古民家の仲介です。棟木まで真っ黒です 

屋根まで、下の土間から良く見渡せます

物凄く太い棟木まで良く見えます

オクドさんから出たススで、屋根裏まで真っ黒になっています

今、写っているのは梁ですが
当然にも真っ黒になっています

 

このような古民家を売り出します、今、資料作成中です

  

このような古民家を売り出します、今、資料作成中です 

いくつも特徴があります

とても太い、ケヤキの床柱
左側の写真、中央部に写っています
玄関の正面は、格子の内戸があります
その両脇は、大黒柱があります
梁は、ススで漆黒に光っています
屋根を支えている、ジムネも真っ黒です
梁から上は、漆喰なんですが
黒くなっています

株式会社アメニティホーム

 

今日は山の日 津市にも色々な山があります

 

今日は山の日 津市にも色々な山があります 

写真の左上から
青山高原
右が、長谷山
下は、経ヶ峰

津市美杉村太郎生に行きますと
大洞山とか、俱留尊山1037mなど
奈良県境には、高い山があり
切り立った山並みがつづいています

先日も仕事では行ったのですが
打ち合わせばかりで、写真を取り損ねました
次回は撮ってきて、ブログで紹介したいとおもいます。

株式会社アメニティホーム

 

40年前のような良い住宅はもう建てられないのか??

 

40年前のような良い住宅はもう建てられないのか?? 

40年以上も前でしたら
ギリギリ、近所の山には松が生えていました
でも、今では皆無と言えます

写真にあるような太い松の梁は
たいへん高価なものになりました

まだ今でも、四国に行けば、松の木があるように聞いていますが
それも、どれだけあるのでしょうか?

古い建物を壊した時に、手で壊した古材は
高値で売買されているように聞きます

それほど、今は以前のように、太い材木で
住宅を建てることができないのでしょうね

 

日本人は住宅が好き

日本人は住宅が好き 

日本人は、とりわけ家を持つことにこだわりがあります

私も、自分の家は欲しかったですし

周りの親戚知人も

自分の家を建てています

自分の家を建てることが、人生の最大目標でもあるようです

賃貸住宅で、家賃を払うのはもったいないと考えています

財産といえば、自分の建てた家だと答える人がほとんどですね

欧米では、少し違うように思います
家には、歴史が必要だと考えているのではないでしょうか
何百年も昔に建てられた、古い建物に住んでいますし
アメリカでも、古い家を買って、先ず
ペンキの塗り替えするのが、ご主人の最大の仕事のようです
改装して使用するのが、習わしのようですね

日本でも、
100年住宅・・長期優良住宅は骨組はしっかりとしたもので
そのまま使用して
内装を変えて住むという時代になりつつあります
例えば
京都のように、古都の雰囲気を残し、内装だけ手直し
リホームする人が増えているようです
田舎でも、100年くらい前に建てられた、古民家
スケルトンにして、改装し、都会から引っ越してくる
お客様が増えているなぁと実感しています

昔のように、良い骨組の家が増えてくると良いなぁと
思っています

 

これからは、住宅は2軒持つ時代???

これからは、住宅は2軒持つ時代???

団塊の世代は、70歳に突入しています
その子供たちは
今の時代ですから、ライフスタイルは共稼ぎです
自分の家は、仕事場に近い所に持っている人が多く
親がなくなっても、親の家に帰るのではなく
贅沢な話ですが
土曜日曜日には、親の家に帰って
バーベキューパーティでも開いて
のんびりと過ごす

このような、生活スタイルになっていくのでしょうね

 

田舎は涼しいです 私の家では、いまだにクーラー使っていません

 

田舎は涼しいです 私の家では、まだクーラー使っていません

今年は、まだまだ涼しいですね

昼間は会社ですから
クーラー使っています
でも、夜は家では、まだ扇風機さえも使っていません

田舎ですので
山からの風
田からの風
涼しいです

この暑い時期は
本当に田舎は良いなって思います

https://www.amenitylife.co.jp