「田舎暮らし」カテゴリーアーカイブ

日本人は住宅が好き

日本人は住宅が好き 

日本人は、とりわけ家を持つことにこだわりがあります

私も、自分の家は欲しかったですし

周りの親戚知人も

自分の家を建てています

自分の家を建てることが、人生の最大目標でもあるようです

賃貸住宅で、家賃を払うのはもったいないと考えています

財産といえば、自分の建てた家だと答える人がほとんどですね

欧米では、少し違うように思います
家には、歴史が必要だと考えているのではないでしょうか
何百年も昔に建てられた、古い建物に住んでいますし
アメリカでも、古い家を買って、先ず
ペンキの塗り替えするのが、ご主人の最大の仕事のようです
改装して使用するのが、習わしのようですね

日本でも、
100年住宅・・長期優良住宅は骨組はしっかりとしたもので
そのまま使用して
内装を変えて住むという時代になりつつあります
例えば
京都のように、古都の雰囲気を残し、内装だけ手直し
リホームする人が増えているようです
田舎でも、100年くらい前に建てられた、古民家
スケルトンにして、改装し、都会から引っ越してくる
お客様が増えているなぁと実感しています

昔のように、良い骨組の家が増えてくると良いなぁと
思っています

 

これからは、住宅は2軒持つ時代???

これからは、住宅は2軒持つ時代???

団塊の世代は、70歳に突入しています
その子供たちは
今の時代ですから、ライフスタイルは共稼ぎです
自分の家は、仕事場に近い所に持っている人が多く
親がなくなっても、親の家に帰るのではなく
贅沢な話ですが
土曜日曜日には、親の家に帰って
バーベキューパーティでも開いて
のんびりと過ごす

このような、生活スタイルになっていくのでしょうね

 

田舎は涼しいです 私の家では、いまだにクーラー使っていません

 

田舎は涼しいです 私の家では、まだクーラー使っていません

今年は、まだまだ涼しいですね

昼間は会社ですから
クーラー使っています
でも、夜は家では、まだ扇風機さえも使っていません

田舎ですので
山からの風
田からの風
涼しいです

この暑い時期は
本当に田舎は良いなって思います

https://www.amenitylife.co.jp

 

土地と新築住宅で、2000万円!!!!!

土地と新築住宅で、2000万円!!!!! 

安濃町田端上野で
2000万円で建てられないかを
今、検討中です。

ご希望のお客様には、
一緒に検討させていただきたいと
思っています

よろしくお願いいたします

毎月の返済額は
約5万5千円くらいになります

https://www.amenitylife.co.jp

民泊新法 ・・住宅宿泊事業法 って何

民泊新法 ・・住宅宿泊事業法 って何 

住宅宿泊事業は、届出制です
1年間に、宿泊を許されるのは、180日以内です
台所、浴室、トイレ、洗面所等が備え付けられている事

今までの、住宅は
売却するか
賃貸に出すか、しか方法が有りませんでした

ここに、第三の方法が出現することになります

詳しくは、アメニティホームに
お問い合わせください

https://www.amenitylife.co.jp

 

外国人の訪日が増えています

外国人の訪日が増えています 

外国人も
初めての来日は、東京とか京都、奈良が多いのでしょうが
何回も訪日してきますと
日本人の生活、風俗習慣にも、興味を持ってくるようです

訪日の外国人にスポットを当てた
YOUは、何しに日本へ
この番組は、まさに、その番組ですね

三重県の片田舎にも、取り組み次第で
外国人が、やってきたーって、ことになると思います

https://www.amenitylife.co.jp

 

空家住宅の将来

空家住宅の将来 

津市中心部に近い美里町、安濃町のほうでも
空家が増えてきています。

子供さんが、一人だと
ご主人の家のほうに移ってしまって
奥さんのほうの、実家が空家になったり

勤務先に近いところに住宅を建てたので
いままでの家でも、不便ではないが
子供や孫が、新しい家の近くの
小中学校に進むことで、
友達が自宅の近辺にいるから
ついつい、以前の家には住めなくなっている

人口の減少が
住まない住宅を増やしているようです
これからも、どんどんと増えていくのでしょうね

https://www.amenitylife.co.jp

安くて良い土地です 津市中心部まで、車で35分

安くて良い土地です 津市中心部まで、車で35分 

津市白山町
グリータウン榊原
近鉄 榊原駅まで、3㎞
徒歩 約35分、車なら3~5分です

土地は98坪
販売価格は、98万円

近くには、
猪の倉温泉 3.3㎞
榊原温泉  7.8㎞

https://www.amenitylife.co.jp

 

眠っている住宅が増えています

眠っている住宅が増えています 

特に、山間部に増えて来ています。

津市でも
津市空き家情報バンク制度を作っていますし
三重県の他の、市町村でも始まっています

津市でも、市内中心部であれば
すぐにでも、賃貸が可能なのですが
山間部になりますと
当然のように
仕事場までの、通勤距離が問題になりますし
大雨にもなれば、災害の心配もしなければならないですし

当社は、まだまだ少ないですが
美杉町の方で、何軒かの売買仲介をさせていただきました
若い方で、のんびりと暮らしたいという、お客様と
定年後で、落ち着いて暮らしたいという、お客様でした

https://www.amenitylife.co.jp

若い時は市内中心部に住みたいと思う人が多いかも?? でもね。

若い時は市内中心部に住みたいと思う人が多いかも?? でもね。

狭い土地に、隣とくっついた住宅を建てる
アパートよりは、マシだけどね
隣の話し声も、気になりますよね。

車は、1台から2台までしか、おけませんしね
両親が訪ねてきたり
友達が遊びにきたり
集会をしようとしても
駐車場で苦労しますよね

のびのび感がないですよね

空気も違います

庭木も植えられますし
小さな畑も造れます

少し田舎に行けば
広い土地が手に入ります

車なら、スーパー、銀行、会社まで
15分から20分で到着です

広い土地を、考えてみましょうよ

https://www.amenitylife.co.jp