貸家を建築する。第二弾。

良い貸家と、安普請の住宅との差異。

良い住宅と、良くない建物との、金額の差は、30年くらいで無くなってしまいます。
30年すれば、かかる費用は、ほぼ同じになるという事なんです。

では、良い建物を建てた方が良いですよね。

30年間、経過した時の、建物の価値が全く違うんですよ。

安普請の住宅は、30年間もの長い間、本体が持ちますでしょうか???
私は、今までに見てきました建物を考えますと
もはや、取り壊さなければいけないのではと、思います。

片や、良い住宅は、まだまだ綺麗で、しっかりとしていると思いますので
住宅としての価値が十分に残っています。

たくさんの人が、経験したとおもいます。
建て替えをしなくてはなって、思い、現実に建て替えをされています。
すなわち、建物の価値は、取壊し料が必要ですので、マイナスの価値ですね。

良い建物の場合は、まだまだ価値がありますので、売ることもできます。
30年後には、雲泥の差となって表れてきますよ。

https://www.amenitylife.co.jp

http://www.amenityhome.jp

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください