「金融機関からの借り入れについて。金利も含めて。」カテゴリーアーカイブ

金融機関の事。全般的に。

安濃町に2軒目の住宅をもちませんか?

安濃町に2軒目の住宅をもちませんか?

定年を迎えるころには
市内のゴミゴミしたところを離れて
のんびりと、暮らせます。

自分が住むようになるまでは
賃貸しておく事ができます。
もし、賃貸しておきますと
収入ができるわけですから
毎月、7万から8万円は賃料として入金です。

また、借り入れをした場合でも
今の金利でしたら
約、6万3千円くらいの支払いになりますので
1万円の実質利益と
土地建物が手に入ります。

https://www.amenitylife.co.jp

 

全国の住宅ローン金利を一目で

全国の住宅ローン金利を一目で

https://www.eloan.co.jp/loanlist/?DID=1&CID=ctg_01

たくさんの銀行借り入れ利率が分かります。

この中から、好きなように
借り入れをすれば
返済がどうなるのかが
シミュレーションできますよ

https://www.amenitylife.co.jp

 

低炭素住宅 住宅ローン控除が有利です

低炭素住宅 住宅ローン控除が有利です

住宅ローン控除は、居住の年から
10年以上の住宅ローンを組んでいる場合に
年末の残高に合わせて
所得税額から、控除してもらう制度です

一般住宅の場合ですと、年間控除額は、40万円
それが
低炭素住宅の場合には、年間控除額は、50万円になります。

https://www.amenitylife.co.jp

 

住宅ローンの利率 今が最安利率なのではないか?

住宅ローンの利率 今が最安利率なのではないか?

今、都銀の住宅ローンが、少しづつ上昇しています。

今の住宅ローン利率は
固定利率の場合
10年固定ですと、1%から1.1%くらいになっています

もうこれ以上は、下げられないところになっています
今、僅かですが、金利が上昇しはじめました

今から、半年後になった時には
あの時が、一番、利率が低かったね
と、いうことになるような気がします

https://www.amenitylife.co.jp

 

住宅ローン 変動金利なら、0.74%

  

住宅ローン 変動金利なら、0.74%

今の住宅ローンの金利は、本当に安いですね。

3000万円借りたとしましても、
35年返済なら、毎月の返済額は、81.099円
2000万円の借り入れなら
毎月の返済額は、54.066円

アパート暮らしの卒業まで
そんなに、遠くはないですよね

https://www.amenitylife.co.jp

 

住宅ローン金利 フラット35S 0.71%

住宅ローン金利 フラット35S 0.71%

安くなりましたよね。

少し条件があります
融資率が、90%以内のこと
借入期間が、20年以下
当初の10年間です
優良な住宅に限ります

でも安い

https://www.amenitylife.co.jp

 

津市安濃町 当社の宅地分譲地 借入方法など相談して下さい

 

津市安濃町 当社の宅地分譲地 借入方法など相談して下さい

当社の分譲地に住宅を建てたい

当社の分譲地を、購入することができるだろうか?

土地と住宅を購入するとしたら
幾ら位、必要なんだろうか?

毎月、幾ら位、返済すればいいんだろう?

年収は少なくても購入できるんだろうか?

何でも、相談してくださいね

https://www.amenitylife.co.jp

 

安濃町には賃貸住宅がありません 自分で建てよう

安濃町には、賃貸の一戸建ては、ほとんど無いのでは
ありませんか???

アメニティホームでは、取り扱ったことがありません。

この10年くらいの間には、アパートは増えてきているようです。

安濃町は、土地が安く買えます
安濃町は、広い土地が買えます
安濃町は、津波の心配がありません
安濃町は、空気が新鮮です
安濃町は、景色も良いし、緑が一杯で目に優しい

土地と建物で、2000万円くらいで購入できます
毎月の返済額は、6万円以内です

今が、新築住宅を持つ絶好の機会ですね。

https://www.amenitylife.co.jp

 

住宅ローン 変動金利にするか固定金利にするかは、大きな悩み

変動金利は
同じタイミングで借り入れた場合、金利が最も低い。
金利が変動し、高金利になるリスクがある。

固定金利は
金利が固定されるので、収支計画が立てやすい。
金利が上昇する局面でも影響を受けない。
優遇期間を過ぎると、一気に金利が上がる可能性がある。

住宅ローンの金利が今後上昇していく可能性が高い場合、
金利上昇に応じて適用金利が見直される変動金利よりも、
当初設定した金利が継続する固定金利の方が有利になります。
一方、今後金利がさらに下落するようであれば、
変動金利で金利返済を抑えるという選択肢が有力です。

どちらが有利
今後の金利をどう読むのかという事ですよね。
いまは、マイナス金利の時代ですし、
これ以上は、下がらないとみるべきでしょう。
後は、どれだけ、今の低金利が続くかをよんで
決めましょう。

https://www.amenitylife.co.jp